コラム

植毛治療

FUTの方が本当に優秀なのか。

患者様からカウンセリングの時に「FUTのほうがドナーを効率よく利用できると聞いたのですが本当ですか?」とよく聞かれることがあります。

詳細はこちらに記載しております。毛包の採取生存率(graft harvest)が気になる方は、必見の内容です。

このコラムの著者

アルモ形成クリニック 
院長 内田直宏

筑波大学医学部卒業後、マイクロサージャリー(顕微鏡手術)を含む形成外科施術に6年間従事。
年間200症例以上の自毛植毛施術を執刀しており、AGA治療(内服療法、注射療法、レーザー治療)や美容外科施術にも長けている。
自毛植毛だけでは実現の難しい、額をせまくする手術やFUT植毛による傷跡のカバーアップなどといった技術も高く評価を受けている。

内田医師のプロフィール画像

この記事をSNSでシェアする

関連メディア

まずはカウンセリングから。お気軽にご相談ください。

050-1352-7403

10:00-19:00(土日祝含む)
※水曜・金曜を除く

無料相談(施術・カウンセリング)のご予約

まずはカウンセリングから。お気軽にご相談ください。

050-1352-7403

10:00-19:00 (水曜・金曜を除く)

無料相談のご予約