アルモUn-SHAVEN法

刈り上げないからバレにくい、Unshaven法

「自毛植毛」とは、自分自身の髪を薄毛の部分に移植する手法です。正常に生着すれば、一度移植した髪は、その後も自然に生え続けます。
自毛植毛の中でも、特に「FUE法」と呼ばれる技術は、移植する毛髪を組織ごと「採取」することで、頭皮にメスを使用することなく手術を行う方法です。
FUE法の中でも、当院が開発した「アルモHi-STANDARD法」は後頭部を刈り上げ後、グラフトを採取します。
「アルモUn-SHAVEN法」は、刈り上げを全く行わず、採取するグラフトをハサミで独自の計算法によりランダムカット後、パンチによる採取を行います。

Unshaven法の施術の様子

こんな方におすすめです

  • 他人に手術したことをバレたくない方
  • 術後、ヘアシートを装着するのに抵抗のある方
  • 術後に、すぐに元通りの生活をしたい方
  • 人前に出るご職業の方
  • 髪の毛が短髪でない方

アルモUn-SHAVEN法の特徴

刈り上げないからバレにくい
バリカンで刈り上げずに、一部のグラフトだけをパンチで採取します。施術翌日から、元通りの生活が遅れます。
オーダーメイドのデザイン
患者様ごとに生え癖、毛流、毛の角度など特徴は異なります。アルモUn-SHAVEN法では、患者様ごとに沿ったデザインを提供します。
高密度植毛
毛穴作成にあたって、ラインスリット、ホールスリットを使い分けております。加えて、内田医師の熟練した毛穴作成技術により、高密度に植毛することができます。
高い生着率
採取した全グラフトについて、毛根鞘などの重要組織に問題がないか、脂肪などの付着物がないか、医師と看護師でダブルチェックをしております。高品質のグラフトを使用することで、生着率を高めております。

ご来院が難しい方へ
無料オンラインカウンセリング実施中

ご予約はこちら

アルモUn-SHAVEN法の施術方法

STEP 1 手術前デザイン・最終カウンセリング

M字や富士額などを解剖学的に正しく、自然にデザインします。当院は、経験に裏打ちされた手植え技術を持ち合わせているため、こめかみもこだわりをもってデザインいたします。生え癖、毛流、毛の角度など患者様ごとに沿ったデザインをいたします患者様の希望に応じて、センターパート、ダウンスロープタイプなど納得のいくまで相談できます。

手術前デザインのイラスト

STEP 2 採取する部分の区分け

毛の密度や太さ、CV計算など総合的を考慮し、区分けを行います。
※CV計算について知りたい方はこちらから

STEP 3 プレカット

他院では、カットせずに採取をするため、切断率が高くなってしまいます。また、プレカット法を用いてはいるが、採取する範囲のバランスが悪く、目立ちやすくなるケースもございます。当院では、プレカット法により低い切断率を実現していることに加え、採取する範囲を適切に設定するため、バレるリスクがほとんどありません。

STEP 4 麻酔

麻酔にはなるべく痛みが生じないような工夫を盛り込んでいます。鎮静麻酔も併用するので快適に手術を受けられます。

STEP 5 グラフト採取

吸引補助システム(SAFEシステム)を採用することで、浅い刃入れでの採取が可能となり、グラフトへの損傷を抑えております。患者様の特徴に合わせ、パンチの挿入角度や挿入深度を調整することで、切断率を抑えています。パンチは0.85mmの特注品を使用しているため、至近でみても、傷跡がわかりにくいという特長もあります。

STEP 6 グラフトの状態確認・選別

採取した全グラフトについて、毛包、毛根鞘、バルジ組織などの重要組織が切れていないか、損傷を受けていないかを確認いたします。分厚すぎるグラフトやゴミがついている、過剰な脂肪組織がついているグラフトは、ゴミや脂肪を除去します。

また、生え際の前列やコメカミなどの繊細な箇所に植毛する細い1本毛と、奥のボリュームアップさせる箇所に植毛する太い1本毛、2~4本毛の区分け作業も行います。医師と看護師のダブルチェックにより全グラフトを確認して問題のないグラフトのみを使用しております。

STEP 7 毛穴作成

当院では2種類のスリットを使い分けることが特長となっています。生え際の前列やこめかみなどの繊細な箇所はラインスリットにて移植穴を作成します。ボリュームアップを行いたい奥の箇所はマイクロホールスリット(極細0.63mm)を用いて移植穴を作成します。2つのスリットを使い分けることに加え、内田医師の熟練の技術により、高密度に植毛することができます。

毛穴作成のイラスト

STEP 8 グラフト移植

ラインスリットで穴を空けた、生え際の前列やこめかみなどには、細い1本毛を手植えで移植します。施術経験が3年以上の看護師たちを中心に手植えを行っているため、こめかみなどの繊細な箇所にも植毛することができます。ホールスリットで穴を空けた、ボリュームアップをしたい奥の箇所は、太い1本毛、2~4本毛を移植します。移植には特注のインプランターを使用します。

また、当院では、生え際の植毛に加えて、既存毛間植毛と頭頂部植毛に対応させていただいております。既存毛間植毛では、薄さが気になる箇所に対して、高密度に移植いたします。頭頂部植毛では、つむじから放射状に、毛流を意識し、患者様にあったデザイン・移植をさせていただきます。

STEP 9 施術完了

STEP 10 止血作業

専用のパッドを用いて大切な移植部を保護します。包帯による止血も行います。

止血作業後のイラスト

STEP 11 洗髪(施術翌日)

洗髪を行います。当院では、洗髪室をご用意しております。清潔な環境で洗髪させていただきます。

洗髪室

STEP 12 内服薬服用

術後、AGAの予防としてフィナステリドあるいはデュタステリドの内服が推奨されます。自毛植毛自体には、AGAの進行を止める効果はないため、術後には、フィナステリドやデュタステリドの内服が推奨されます。内服を行わない場合、比較的早期に「離れ小島現象」が発生する可能性がございます。

ミノキシジルも、ショックロスの予防や血管新生作用などの効能があるため、国際学会では術後の服用を推奨する意見が多く存在します。特に副作用が強く出る、または副作用が耐え難い場合を除き、小量でも内服することをお勧めします。

まずはカウンセリングから。お気軽にご相談ください。

050-1352-7403

10:00-19:00(土日祝含む)
※水曜・金曜を除く

無料相談(施術・カウンセリング)のご予約

まずはカウンセリングから。お気軽にご相談ください。

050-1352-7403

10:00-19:00 (水曜・金曜を除く)

無料相談のご予約